上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Charlie AND THE CHOCOLATE FACTORY
 ジョニーディップ主演 ティムバートン監督 2005年作品
私は、ティムバートンの作品が大好きです。最初に知ったティムの作品はナイトメアです。
この二人が作った映画はどれでも面白いと思います。

チャーリーとチョコレート工場は世界中で大人気の児童文学で、昔一度映画化されています。
そちらは今から約30年以上前に撮影された物ですが、ノスタルジー溢れる特撮技術と
町並みが独特の空気を持っていてとても面白いです。
見たことのない人にはぜひお勧めです。

ジョニーディップ扮するウィリーウォンカ。
正直、ジョニーディップといえばちょっと小汚い格好のイメージが強かったので
白塗り厚化粧になれるまでジョニーに見えなかった。
マリリンマンソンを役の参考にしたとか。
なんかもう、性格は子供が良くも悪くもそのまま成長した感がたっぷり。
ウォンカ父さん役の人の名前が出てこなくて、SWの!とか
ドラキュラの人!といってたのですが、ふとした瞬間に思い出した!
クリストファーリーだ!でも、あんな歯医者さん恐怖倍増だと思うんですが?
工場見学が終わってからの流れはティムバートンオリジナルの流れなのかな。
チャーリーの方が大人びていて、ウォンカさんがただの駄々っ子。
いいコンビだ。靴磨きのシーンは最高。
何度見ても飽きないおはなしなんですけど、だんだんお菓子類を食べる気がなくなっていく。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/73-b13294a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。