上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.18 吸血鬼のお話
そんなわけで、バトンを尊敬する同人絵師さんにお渡ししてきましたよ。続くといいな。

原作版HELLSING(初回限定盤)を買ってきました。
このオマケどうしようか。アーカードのレリーフなんですが顔色悪すぎて怖いよ。
製作スタッフがトライやガングレを作った人も混じってる…。
そう、内容の話しなきゃね。感想の箇条書き。
数年前の深夜アニメは本気でなかった事にしたいらしい雰囲気がひしひしと伝わってきます。
あれは、前半はそこそこ見れたけど後半のTVオリジナルが壊滅的だったからな。
とにかく原作に忠実に構成されていて、一巻全部が再現されてたかも。
アーカードが凄くカッコいいと久しぶりに思いました。戦う吸血鬼カッコイイ。
赤いコートがひらめき、丸いサングラスが闇に浮かび上がる姿にドキドキするのはきっと条件反射。
早くインヤンブラザーズが登場しないかしら。2カーンに登場?
一番最後に少佐が諸君!とか言い出したのでもう演説始まったのかとあせった。
インテグラ様はやっぱりセフィロス似だとおもう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/59-45e9d373
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。