上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
劇場版トライガン観に行ってきました。

以下、いろいろ感想。
ネタバレの責任は負いませんからね。
アニメの前半のわいわいがやがやした空気が好きだったので映画版もすごく楽しかった。
知ってる人が「トライガン」と聞いて想像するイメージをそのまま具現化したかのような雰囲気です。
大画面で躍動するキャラクター達は10年も間があったような気がしない。
真っ青な青空、満天の星空、乾いた砂の大地、昼と夜の色彩の違い。
すごく背景がきれいでした。
しみじみこの風景、景色が気に入ってるんだよねって思いました。
初めてトライガン見たときの感動を思い出しました。
あの、底抜けに明るい感じ。

シナリオのほうは…ヴァッシュとウルフウッドはメインじゃないので、
それ目的だとなんだか物足りない感じで終わってしまう気がします。
メインはアメリアとガスバックのほうにあります。
ガスバックのポリシーかっこいいので惚れる。
この親子の言ってることが「トライガン」の世界てそうだよね!
という感じなのでまったく問題はないのです。
映画のパンフレットにはヴァッシュがおいしいところを持っていきすぎとありましたが、
そんなことよりも個人的にもっと衝撃的だったのが、
ウルフウッドがヴァッシュのサングラスをかけて最終決戦場に向かう場面です。
なんかもう、ああ、その手があったかぁ…同人誌でも見たことなかったその設定。
やっぱりプロの脚本家はすごいなって思いました。

ヴァッシュかっこいいよ!!
もうその一言しか思いつかない。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/510-3c8933d7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。