上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.02.25 漫画よんだ。
由貴香織里 人形宮廷楽団1

感想は下に収納。

ひっさびさに漫画の感想
英国、日本、独逸、ときたからか次は仏蘭西がモチーフな世界。
やっぱりこの人の漫画好きだわー。こってりした少女漫画の世界。
血なまぐさくて残酷でふわっとしててきらっとしてるんだよね。
あ、そんで程よくお耽美を匂わす程度。←これ、じゅうよう。
最近はなんちゃって英国漫画って言うと、黒い羊さんとか流行ってるけど、
狙いが見え見えすぎて下品だから好きじゃないんだ。

この漫画で取り立てて際立ってると思うのは
お人形+ゾンビ=謎の病原体?に侵された人間。て部分だとおもう。
お人形の無機質な怖さとゾンビの有機的な気持ち悪さが混じったもの。
なんかさ、両方とも単独で襲い掛かってきただけでも怖いのに
それを併せ持つ物体が襲い掛かってくるとか、
どこのスプラッター映画?て思うくらい恐怖テイスト満載。

ん?そう考えるとこの漫画少女漫画って言うより
ホラー漫画って紹介した方が正しいような気がしてきた!
でも、花と夢なので間違いなく、これは正統派少女漫画です。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/421-b9116ee3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。