上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事件てほどのことではないのかも?
土曜日の話になりますがお買い物してきたの。
予約してた靴引取りとお洋服の予約。
今年はメタモルフォーゼやイノセントワールドの商品たくさん買った。
その分本命なアウアアやモワティエが買えてない証拠かしら?
来年はがんばるよ。

事件が起こったのは、用事も済んでとあるCDを探してた時のこと。
そういえばこないだTV見てて気に入った曲ておいてあるんかな。
あったら買っていこうと思い、探してみるものの、全然見つからない。
海外の人のCDをショップで探すのって難しいよね。
諦めて、クラシックコーナーの店員さんに尋ねてみた。
「ヴィドールって作曲家のCDいてありますか?」
「…あー、それならヴィジュアル系のコーナーにおいてありますよ」
そうくるとおもったー。
いや、その、バンドさんのヴィドールではなくて、ね、
「今週の、曜日は忘れてしまったのですが、名曲アルバムで放送していた
 フランス人作曲家のヴィドールて人なのですが。
 たしか、曲名はトッカータだったはずで、」
あいまいな記憶を頼りに必死に説明。
つか、店員さん明らかに私の格好見てヴィジュアル系判断した?
いや、ソレは被害妄想か。考えすぎだよね?
「はい、はい、少々お待ちください」
店員さんパソコンで何かカタカタ打ち込みながら
「楽曲構成はなんでした?」
「オルガン一個だったはずですが…」
無言で売り場に探しに行く店員さん。戻ってきて、
「おそらくこちらの商品かと思いますが、【トッカータ】とは曲のタイトルではなく
曲の様式なのでお客様がお聞きになった楽曲と違う可能性がございます。
よろしかったですか?」
あれ?なんか、店員さん機嫌悪くね?
「はい、大丈夫です。それください」
なんかね、もう、これからクラシックCD買うときは
別のお店か、ネットで買う事にしたよ。

肝心の中身は?て
ちゃんと名曲アルバムで放送してた楽曲でしたよ。よかった。
オルガンの曲って落ち着くからすごい好き。
気に入った理由は、バッハの楽曲よりきらきらしてて軽やかで聞きやすい。
輸入CDなので解説が全部英語…っとおもいきや
ドイツ語とフランス語の解説もついてる!
なんかちょっとだけ読める気がするよ!!がんばる。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/386-9bf34ddb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。