上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.05.29 ひつじ論
ちがう、執事だ、しつじ。
「黒執事4」を読みました。
読んだ感想を母と話していたんですよ。
その一部をまあ、聞いてください。

「あんなの「執事」じゃないよね、どうみたって単なる慇懃無礼な悪魔が
か弱い少年の弱みに付け込んで契約遂行していくだけだからさ。
全体的になんか物足りないのだけど…」

母 「“裏切らない執事”ならなんでもいいよ。」

「黒執事もそのうち、そうゆう展開なりそうじゃね?」

母「カインとおなじはイヤー。裏切らないのがイイー」

「仮想イギリスが舞台で執事が出てきて、
その執事が主に対して最後まで忠誠立ててた
漫画を探す方が難しいんじゃないの?」

母「うー。セバスチャンはちがうもーん」

「あー、確かに。人間じゃないから違うね。」

母「どっかに居るもん、裏切らない執事。」

…・家にはまるで、
漫画に目覚めた思春期の少女が居るような気がしてなりません。
そしてどなたか、
「裏切らない執事の居る漫画」をご存じないですか。
覚えのある方はご一報ください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/352-2a397b47
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。