上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.20 ライラの冒険
ライラの冒険~黄金の羅針盤~を見てきました。
父がテレビで宣伝を見て「白熊の映画観に行こう」と
言い出したので、ついて行きました。

思いついた事の羅列感想。
イギリスのファンタジー小説が原作。…読んだ事ないです。
だからなのか話の展開が所々抜け落ちてる?って思う事が何回かありました。
宣伝の印象ではニコールキッドマン対主人公な構図の印象がつよくて
女同士の頭脳戦なのかな~と思ってたら全然ちかってました。
とても、おっさん臭と白熊で満たされたイギリス風冒険映画なんです。
なぜ配給会社はもっとダニエルクレイグが出てる事をアピールしないんでしょうか。
出演してる事知らなかったので、最初に出てきたときにびっくりしました。
コレは全力で続編公開されたら見に行かなければね!もちろんクレイグ目当てで。
吹き替えの方で観ました。
なぜ緒方拳なんておじいちゃんを白熊王子の吹き替えに?と疑問だったのですが
パンフレット見て納得しました。本家の声をイアンマッケランが当ててるからなのです。
王子とか正当な王の跡継ぎとかいわれるともっと若者な想像してしまうのですが。
なんかねー、白熊の背中乗りたい衝動に駆られるのです。モフモフしたい。

想像以上に楽しい映画でした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/330-fc5038a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。