上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.02.14 SHOCOLADEN
たまには世間の流行にのってみる?
でも、「自分チョコ」って昔はテレビで取り扱わなかっただけで
10年くらい前には完全に存在してた枠だとおもう。

お世話になった人やらに配るチョコの話
だってね、「明治の板チョコ」と「ゴディバの一個いくら」の
違いが解らないという殿方に高級チョコをあげるのは…ねぇ。
だから「手作りなんだよ。どうぞ」でその差は埋まることにしておいて。
会社の同僚にお配りするチョコの方がいいやつだったりするのは内緒。

自分用に買ったチョコそのいち
griottines.jpg

【GRIOTTINES・ グリオティーンショコラ】
キルシュに漬け込んだモレロチェリーを
上質のチョコレートで包んだ一品。
四個入り
値段は忘れた。
賞味期限は4月30日

続きは食べた感想のメモ。興味のある人はどうぞ
見た目は?
赤い!とにかく赤い。パッケージも包み紙も、
買ったら入れてもらえる手提げ袋も真っ赤。
そこに銀色でお店のロゴが印字されています。
味!
まわりをコーティングしてある硬いチョコは
甘すぎず苦すぎない、でもしっかりカカオの味がしてます。
キルシュ漬けチェリー
しっかりと洋酒に漬け込んでありますし、種も入ってません
ほんのりアルコールの余韻が後にくるかんぜです。
(安モノだとたまに凄くまずい酒に付けてあるときがあるの)
チェリーの周りにはとてもやわらかいキャラメルチョコ
口の中ですぐ溶けちゃう気がするくらいなめらか。
キルシュの味と混ざり合ってちょっぴり甘酸っぱい。

覚えてたら来年もまた買おうかな。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/313-a1e15bb4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。