上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19日土曜日夕方の部で、比嘉中戦でした。
GetAttachment.jpg


あの独特の世界に興味のある人は続きをどうぞ。
ジャンプは毎週読んでるけど、そんなに熱心に
テニスの王子様を読んでたわけじゃないです。
作者のセンスは光るものがあるのは理解しています。
【テニスの王子様ミュージカル】略して【テニミュ】が
絶大な支持を受けている事も知っています。
まさか、自分が観に行くなんて考えた事もなかったよ。
水曜日に同僚のMさんに誘われる前まではね。
「友人が行けなくなって!もったいないし、興味ある?」と誘われたのです。
見たくてもチケットが取れない時もあると評判のお芝居のお誘いを断る理由もないので
即答「ご一緒させてください」

会場は全力で女の子だらけ。しかもなんだかみんな気合の入った格好だし。
同人イベントよりかわいい子、小奇麗な子、多い気がしました。
それは一階席の子が気合入れてきてるんだよ。と教わりました。
二度目のカーテンコールで役者の男の子達が客席に下りてくるんですって!。
今回の比嘉中戦から四代目のメンバーなんだそうです。
コレが初舞台で初々しい子からテレビの仕事を何個かこなしてるお兄さんとか
とにかく全部、見目麗しい若い男の子がわんさか出てくるんです。
パンフレットはもう、なんかどこかのお店のカタログ状態だし、
ブロマイドの種類が尋常じゃない。で、席に着く前に
いままで体験したことない空気に圧倒されてしまいました。
で、頂いたチケットの席は、二階席一番後の真ん中辺。
遠いけど舞台全体がよく見渡せて私は嬉しかったです。

演出にすごく関心しました。
テニプリって各個人に必殺技がありますよね、その表現とか
ボールってどうするのかしら?とかたくさん観る前にあった疑問は
もう、全然気にならなくなりました。その世界に引き込まれて行っちゃうのです。
ミュージカルですからお歌も重要。
一緒に行ったお姉さま達は大阪公演の時より上達してたねーと言ってました。
私は前のを知らないのでどうのこうのいえないのですけど、よかった気がします。
テニプリの独特のセリフって、歌詞になるだけであんなにも破壊力があるんですね。

役者さんたちとりあえず、リアル中学生じゃないよね?
かっこいいなーと思ったのは比嘉中の部長役と凛役の人。
凛役の人はボウケンブラックだった人で、声聴いた瞬間、あ!と思いました。
比嘉中の部長の人は体のラインが素敵でした。これからの活躍に期待。

はまる人の気持ちが理解できた。
テニミュやばい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/308-5a80f89e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。