上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「何で爪小指だけ赤いのさ?しかも他は黒いし。」
「好きなバンドのまねっこ!」
「は?どこのバンド?」
「洋楽のーAFIのーギタリス…」
「あー。もう全然わかんないから、その話終わりね。ところでさ…」
会社ではいつもこんな感じです。ちょっとさみしい、でも気楽です。

日参ブログ様の記事に「ミーハーとは」「真剣に好きとは」というのがありまして、
そういえば私、そんなこと突き詰めて考えたことなかったんじゃないかしら。
だって、このバンドだ!って思い込んだら盲目的にそれしか見えてない。
なぜ、どうして、音楽性が、ルックスが、とか深く考えてない。
でも、はたから見たらそれはとてもミーハーな事にみえるかもしれないってことですよね。
そのブログ様にコメントを残してきた内容と似たような事をここにも書くよ。
私の頭の中の音楽の引き出しは「見た目を楽しむ」「音楽を楽しむ」
「両方楽しむ」「何もかもが楽しめる」というのがあります。
何でそうゆう風なのかは、気に入る音楽の方向性に一貫性があまり無いからです。

「見た目を楽しむ」
演奏が微妙でも気にしません。
雑誌などに掲載されてたらまじまじと眺めたりきゃっきゃしたり。
コレは、まさにアイドルをミーハーな気分で愛でるの同じです。
先月MCRのライブに行った時、
この考えはちょっと失礼だったかなと反省しました。

「音楽を楽しむ」
その楽曲が好きなので、演奏している人たちが
どんな活動をしているかとかあまり気にしません。
CDを聞いて世界観に浸る。休みの日の作業(掃除とか)のBGMにする。
具体的には、サラブライトマン、サイモン&ガーファンクル、
ラブサイケデリコ、イエモン、ポルノグラフティーとかがこの括り。

ここからちょっと線引き。「両方楽しめる」
PVを見てすごく気になって楽曲も好きでなった人達。
ラジオから流れる楽曲が気になってPVも好きになった人達。
CDも集めたいし、ライブも行きたい!!
通勤時のBGMだったり平日の夜聞いていたり。自身の言動に影響が現れたりもします。
具体的にはOKGO、AFI。この辺なら知らない人にもおすすめ出来ますが、
マリリンマンソンやモワディスモワは一人でこっそり楽しもうと思います。

「何もかもが楽しめる」
はっきり言ってしまうとRAMMSTEINの事です。
盲目さ加減も大概にしなさい。と自分自身でも思います。
ドイツ語習いはじめたり、ブートに手を出したり、
輸入盤と国内盤のジャケットが違うから両方買う。
(いや、このくらい誰でもするよね?)
おっさんだとか、赤いだとか、変態だとか、自信過剰ナルシストが居る
なんてところもすべてがカッコイイ。フラーケが愛しい。
飛行機怖いけど、ライブのためにドイツ行きたい。とか。

…?あれ、真剣なお話に感銘を受けて、私も真面目な話をするぞ!と
張り切って綴り始めたのに、結局RAMMSTEINが好きだ!主張に
なってしまったわ。まあ、私の頭の中はそんな感じです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/231-1b26352d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。