上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニュース番組を見ていると最近はアメリカの中間選挙の様子が多く見受けられました。

候補者の人が民衆に向かって演説して最後にわーとまくし立てるあの話し方。
そして、どう考えてって過剰な演出では?の紙ふぶき。
私の目には、ロックスターがこの後うたいます!皆さん拍手でお迎えください!
と前説している音楽番組の司会者に見えて仕方ないのです。
一緒にそのニュース番組を見ていた母に話してみたら
「ぐんたが、へんな洋楽の影響受けすぎー。」と笑われてしまいました。
しかし、特番で放送していた時代劇に影響されて
湯豆腐とフロフキ大根を、三日に一度のペースで夕ご飯のおかずに出して、
「あの時代劇の原作読んだらレシピはんめいするのかなー。」
そんなことをおっしゃるあなたに、言われたくない。

その時代劇は「仕置き人 藤枝梅安」というフジTV系で放送していたものです。
原作は池波正太郎という人で、鬼平犯科帳や剣客商売が有名。
時代劇なのにグルメ番組よりも美味しそうな和食がいっぱい出てくるのです。
手の込んだ小料理から、なにげないふかし芋一つまで美味しそうに見えるので
中途半端な時間に見ていると、見終わったときに小腹が空いた状態になってしまうのです。
梅安さんは一時間のドラマになるのかしら?
近頃は必殺みたいなノリの時代劇少ないからねぇ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/196-c1399c5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。