上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.26 LAST STAND
X-MEN ファイナルディシジョンを映画館で見てきました。
仕事帰りなのに人の少ないこと。さすがシャッター街。

登場人物がてんこ盛りすぎて物足りないんだよ。
以下、思ったことメモ。
二週連続で放送しててその勢いで見に行ったのは間違いありません。
マイアミバイスと入れ替え制でした。
サイクロップス…不憫すぎる。もっと強い子だと思ってた。
20年前のマグニートとプロフェッサーの仲良しさんッぷりに大うけ。
道を違えた今でもやっぱり、お互いのことを気にかけてるあたりがもう。
ウルヴァリンはローグの友人というより理解ある父親にしか見えません。
むちむちボインの触れられない恋人と妹系ロリフェイスの純情。
あなたならどっちを選ぶ?という意味でパイロに
退学して損したね!と言ったと考えたら結構楽しい?。
フェニックスにリーチの力をぶつけたら±0で問題解決か、
ローグの力で抑え込むとか、他に方法があったはず。
最後の一人チェス~スタッフロール後の流れについて。
しょぼくれた普通のおじいちゃんになったはずなのに。
特効薬の効き目は永久的に続くわけやじゃ無いのか。
コレじゃあどっちが悪の親玉だかわかんないじゃないか!
だから授業で意識不明の人間の意識がどうのこうのいってたのか。
ブラザーフッド側ももっとカッコイイデザインのスーツ着て欲しかった。
今度の続編はウルヴァリンが主役のスピンオフ物語。
…え!Xメン映画のメインはウルヴァリンだと思ってましたよ?
3はジーン(フェニックス)が中心だったけど。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/177-0b140be5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。