上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気がついたら今日はもう17日。今月の目標は達成できなかったです。
一つの事に気が向くと、他の取り組んでた事を忘れてしまう性格だからです。
ペルソナ3の思いついたまま感想メモ。
訳分からない表現が多めかもしれないです。
それでも構わない人だけ、続きをどうぞ。
ペルソナ3 思いついたことメモ。

まず、進み具合は8月の映画祭りのへんです。
六月の満月だったかのイベントに度肝を抜かれました。
12歳以上推奨なのはそうゆう理由だったのか。
夏祭りは結子からお誘いを受けました。
ペルソナ合成とタルタロス探索が楽しくて仕方ない。
おくすりやさんが!!地元の昔からある薬局なんだ。さみしい。
それに替わる歌が通販のBGMなのかな。やっぱりこの曲も脳内エンドレス。

戦闘時に悪魔との交渉が無いのが不満でした。
それに替わるシステムのコミュのレベルの上げ方にも、やっと慣れてきた。
なんだか人相手の交渉は、恋愛ゲーのような要素満載でこっぱずかしい。
ゲーム本編の合間に同人誌を読んでるような感覚とでも言いましょうか。
本編でここまでしてくれたらもう同人読もうって気も起きないくらいです。
ペルソナ3のジャンルは恋愛ゲーでOK?。

声優さんについても色々思うところはある。イメージと違うとかじゃなくて
その声優さんの演じる別な仕事のキャラクターを連想して笑ってしまう時がある。
主人公、真田先輩、天田は昔好きだったアニメを思い出してしまう。
ジンというキャラが関西弁で喋ること。
これはもうどんなシリアスな場面であろうと笑うなと言うほうが拷問です。
だって小野坂昌也さんが関西弁だなんて。
熱狂的TRIGUN好きな人ならたぶん分かってくれると思います。
サントラ2thドーナッツにあるショートコントを思い出してしまう事を。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://links234.blog31.fc2.com/tb.php/145-67ed7efb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。