上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.30 燃える心
今日HMVから届いたCD 燃える心/トルステンラッシュ
              燃える心

ラムシュタインによる管弦楽付歌曲集
うわ、これ本気でクラシック路線なんだ。
私はてっきりボンドとかエニグマみたいな方向のCDだとおもってましたよ。
ラムの対訳よりも若干やわらかい日本語の表現になってる気がします。
一緒に買ったMGMシングルの3曲目もクラシック調でした。

なんだか巷ではやりの成分解析というのを自分もやってみた。 
 ぐんた(本名)成分解析結果 :
  66%は月の光で出来ています。 
  15%は知識で出来ています。
  6%は努力で出来ています。
  5%はカテキンで出来ています。
  3%は花崗岩で出来ています。
  3%は毒電波で出来ています。
  2%は赤い何かで出来ています。

思い当たる節があるのは毒電波と赤い何か。
  
 http://http://tekipaki.jp/~clock/
スポンサーサイト
2006.03.30 桜と雪。
朝起きたときに、いま三月の終わりてことを忘れるような白さでした。
会社の近所の神社にあるしだれ桜。雪で凍えて花見のできる期間が長くなりそう。
明日もこんな天気だと通勤が大変なので晴れて欲しいな。

トライガンがまたアニメ化、しかもTVで放送するかもです。
しかし…前と同じ時間帯とTV局ネットだとすると、どうあがいても、
リアルタイムで見えない訳で。
むしろ、リアルタイムで見れるなんて都市部のほんの一握りなのでは?。
田舎者はおとなしくDVDを買う準備をしましょうね。って啓示なのかしら。
ちょっと前に噂になってた映画化の話はTVアニメ化の話という事になったのかな?。
どうゆう風になるかもまったく分からないけど、またウルフウッドが死ぬという事はよく判った。

アワーズ五月号はまだ読んでない。風の噂では三ヶ月か四ヶ月か休載するらしい。
やっと新しい単行本が出るような予感。三冊同時に出るのか、毎月一冊づつ出るのか。
単行本の表紙をリヴィオとラズロは飾る事ができるのかとか。
ヴァッシュが表紙でも、黒バシさんじゃつらすぎるなとか。
まだ詳細も発表されてないのに期待ばっかり膨らんでゆく。
特別な事があった訳じゃないけど、一週間も空いてしまった。
今日は午前中に美容室に行ってきました。
いつもと同じ赤系の色に染め直してきました。
春になるとおしゃれ心が芽生えるので来月はストパーもかける。

午後から友人宅でおしゃべり。声でかくてごめんよ。
ちっちゃい声でお話する事を心がけているのだけど、つい。
RAMMSTEINのCDありがとう。これでアルバムは一通り揃ったよ。
来月からは国内版とかトリビュートアルバム、ブートなどを漁る心意気。
借りた同人誌は、ラムを同人的視点で捉えたときの方向のお手本にしたいと思いました。
不満があるとすれば、もっと坂田師匠(仮)とめだか師匠(仮)成分を!!ってトコです。
慣れない事だらけの研修は大変だと思うけど、四月から始まる新生活頑張ってね。
Charlie AND THE CHOCOLATE FACTORY
 ジョニーディップ主演 ティムバートン監督 2005年作品
私は、ティムバートンの作品が大好きです。最初に知ったティムの作品はナイトメアです。
この二人が作った映画はどれでも面白いと思います。

チャーリーとチョコレート工場は世界中で大人気の児童文学で、昔一度映画化されています。
そちらは今から約30年以上前に撮影された物ですが、ノスタルジー溢れる特撮技術と
町並みが独特の空気を持っていてとても面白いです。
見たことのない人にはぜひお勧めです。

ジョニーディップ扮するウィリーウォンカ。
正直、ジョニーディップといえばちょっと小汚い格好のイメージが強かったので
白塗り厚化粧になれるまでジョニーに見えなかった。
マリリンマンソンを役の参考にしたとか。
なんかもう、性格は子供が良くも悪くもそのまま成長した感がたっぷり。
ウォンカ父さん役の人の名前が出てこなくて、SWの!とか
ドラキュラの人!といってたのですが、ふとした瞬間に思い出した!
クリストファーリーだ!でも、あんな歯医者さん恐怖倍増だと思うんですが?
工場見学が終わってからの流れはティムバートンオリジナルの流れなのかな。
チャーリーの方が大人びていて、ウォンカさんがただの駄々っ子。
いいコンビだ。靴磨きのシーンは最高。
何度見ても飽きないおはなしなんですけど、だんだんお菓子類を食べる気がなくなっていく。



しまった。
今日のレッスンで、どんな音楽聴くの?アーティストとか。と尋ねられたので
RAMMSTEINが好きなんです。ドイツのバンドなんですよ。って教えてあげたけど、
質問してきた殿方が関心を寄せてた様子だったけど、よく考えたら
例えば、あの人がお家に帰ってからPCでグーグル検索とかして、
出てくるHPのトップが…MGM仕様。
…大丈夫、そこまでしないって考えすぎだ。
その殿方はピンクフロイトというアーティストが好きなんだそうだ。
明日レンタル屋さんで探してこよう。置いてあるかしら。

昨日は待ちくたびれたほどまったFF12の発売でした。しかしマダ買ってないです。
欲しいのですが、その前にデビルサマナーが欲しいからです。
これも今月発売されたゲームです。しかし、まだ
KH2が中断したままなんです。あとサイレンも中断したまま…
そして、なんと、ペルソナ3が発売されるそうな。
ゲームって(特にロールプレイング物は)エンディングを
見るまでは次の新しいソフトは買わない。と心に決めていたのですが、
今回はそれを守る事が難しい状況になってまいりました。どうしましょう。

今日はブラザーグリムのDVDが届いた。
タイトルを見てピンと来ない人は、読まないこと。
... 続きを読む
2006.03.12 春旅準備。
天気も良いし、春になったし。そうだ、東京へ行こう。

四月に東京で開催される同人オンリーイベントに行く事にしました。
先月まで色々と心配事があったので、行かないでおこうかとも考えたのですが
行かなきゃ更に後悔するしストレスにもなるので、意を決して旅の手続きをしてきました。

ネット予約をしようかと思ったのですが、心もとないので結局いつも利用する
JTBの窓口で手続きをしてきました。一月ぐらいに春旅の予約受付開始メールが来ていたので
もう遅いかもと思ったのですが、全然大丈夫でした。今回は池袋にお宿を取りました。
東京はもう数え切れないくらい遊びに行っている場所ですが、そういえば池袋って初めて行く土地。
うわ、なんか急に心配になってきた。迷子にならずにお宿までたどり着けるかしら。
池袋って名所…IGWPの舞台の町てことと、サンシャイン60と、えーとあと…
でもその前に、仕事終わってから東京に向かうので、街探検してる時間が無いか?。

足の準備は終わったけど、次はどんな格好して行くかが問題なのです。
前回十月に遊びに行った時は天気が悪くて、肌寒くて帰ってきてから風邪を引いてしまったし。
今回も四月とはいえ天気が悪ければ肌寒いだろうし、快晴だと初夏の気温という可能性もある。
その上でたくさん動き回るので、動きやすくて春らしい格好。そしてもう一つ。
冬のバーゲンで衝動買いしたウエスタンブーツ。一度も使わないままブーツシーズンが終わるのは
しのびないので、何とかこの機会に使ってあげたい。
うーん。遊びに行く事を考え始めると、関係のなさそうな事まで思いつく。
まあ、こうやって色々思うのが楽しいというのもありますけどね。
月日の経つのは早いもので、ふと気が付くとトライガンが大好きになってからもうかれこれ八年目を迎えようとしている今日この頃。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

今月はトライガンがOURSの表紙でした。
最終局面突入って見出しがついてたり、認めたくないがコートまで黒ヴァシ化してたり。本当の終わりがもう目の前にやってきていることを実感する表紙でした。
 きっとヴァッシュのコートが黒くなったのは御大がウルトラヴァイオレットに影響されて主人公の服の色が色々替わったらカッコイイから!ヴァシにもさせよう的な遊び心なんだと思いたい。
 
今月の内容は先月までごり押し攻撃だったレガート君が、ヴァッシュから生えてきた自己防衛翼に反撃されて、失血死寸前の出血を伴いながらもヴァッシュの信念を折るために、なお立ち向かっていく…。
という流れ。相変わらず戦闘シーンの動きがよく理解できなかったりする。
久々にヴァッシュのセリフがあったことがこんなにも嬉しいとは。
でもこんなにぼろぼろで、ヴァッシュはナイブズに引導を渡す事ができるのでしょうか。
写真その一
              06-03-05_21-23.jpg

今日の朝刊サンデー版大図解に載っていた記事の一部分です。
ムターに“ラムシュタイン”が新聞に載ってるから見てごらんと手渡されました。
…いつの間にあの六人は米空軍所属になったんだろうか。そうじゃなくて。
彼らは旧東ドイツ出身で、むしろ米国は敵だったはずだし。
AMERICAのPVだって、皮肉交じりでみんな宇宙飛行士やネイティブアメリカンのコスプレして
すんごい弾けてたし。一番最初に見たPVはこれでした。
あの頃はティルの歌い方にびびってました。今見ればまだマシな歌う姿だと思えます。
ラムシュタイン村の米軍基地で起きた飛行機事故が彼らのバンド名の由来ってのはちょう基本。

この記事の話に戻そうか。
米軍再編問題を分かりやすく図解している記事なんですが
写真1は、凡例として載っている部分を写したものです。
海軍スーダ・ベイはギリシャにある施設。そして海兵隊キャンプ・シュワブは沖縄にある施設。
ニュースなんかでもたまに取り扱ってる問題。
この記事読んでいて、世界情勢がこれだけ不安定な中で、自分は何て平和で暖かい世界で暮らしているんだろう。全然違う国のアーティストを大好きになって、色々追いかけたりだなんて、本当に平和で余裕のある国の人間じゃないとありえない話なのかも。
ドイツに米海軍や海兵隊はおいてないから、その部分が別の国なのは仕方ないとして
なぜドイツを凡例として扱ったのだろうか。と思ったわけですよ。
もしかして、この記事作った人も?とか考えちゃうんですよ。
そんな風に何でもかんでも関連させようとしてしまう自分が哀しい。
写真その二

06-03-05_21-27.jpg

で、最後にラムシュタイン村は大体この辺にあります。
今年のサマーソニックはマイケミカルロマンスが来る。

MCR日本公式HP
http://wmg.jp/artist/mychemicalromance/profile.html

サマソニHP
http://http://www.summersonic.com/index.html

 今年のサマソニに参加してみたいとぼんやり思う。
音楽系の大きなイベントに今までいったことがなかったので。
しかし歌を聴いた事があるバンドがMCRだけでサマソニに行くというのは、無謀かもしれない。
メタリカ、リンキンは存在は知ってるけど聴いた事が無いし、他の参加バンドは…
知らない分からないという前にちょっと、レンタル屋さん行ってこよう。
まだ、発表されてないバンドの中に私が聴いた事あるバンドが居るとうれしいのだけど。
一度はマンソンさんとかNINさん辺りの生演奏も見てみたいな。と希望をもってみたり。
万が一、RAMMSTEINが参加なんて事になったら、会社休んで行くよ。
去年はティルが骨折してキャンセルになったんだし、その分も含めて来日とかしてくれたらな。
そしてサマソニのチケット代が、予想以上の金額だった事にびっくりしましたよ。
大阪の方が諸費用が安く済むので、行くなら大阪会場になると思います。
ひな祭りの日 もう三月も過ぎてしまいましたよ。
色々ここに書いておこうと思うネタがあるのだけれども、時間が無い。
一つはサマソニの話。
一つはゲームの話
もう一つ…トライガンの感想。この土日でまとめれたらいいのだけど。

今日ラジオからスカパラの新曲が流れてきた。しかも時間を置いて二回も!とてもうれしい。【サファイヤの星】凄く可愛い曲なので大好き。
【夢のチョコレート工場】71年 主演ジーンワイルダー 監督メルシュツワート
ジョニーとティムのじゃ無いほうの映画です。

30年以上も前に製作された映画なので、ノスタルジー溢れる雰囲気が映画全体に漂っています。
70年代という時代にここまで造りこんである大道具や小道具に職人魂をみたきがします。
 ロケ地がドイツの都市ミュンヘン
このお話の舞台はアメリカのはずなのに町並みやらがどう見ても、ヨーロッパ…。
工場の外観もなんかお城っぽくてメルヒェン。だからドイツをロケ地に選んだと解説にありました。
 ウンパルンパ族
髪が緑でオレンジ色の肌をした工場で働く小人の一族。
この小人達が子とあるごとに、ウンパ・ルンパ・ドゥンパ・ディ・ドゥって歌うメロディが忘れられない。
一度聴いたら脳内エンドレスするくらい印象深いです。

最初はお菓子が美味しそうとおもうんだけど、話が進むにつれ食欲がうせる。
でもウォンカチョコはちょっと食べてみたいかな?
世界中の人がゴールドチケットを求めてチョコを買いあさるシーンで、チラッと写る日本のスーパー。
商品棚の張り紙が半紙に墨で売り切れって書いてあった!しかも旧漢字で。
そして大食漢の子がドイツ人という設定なので、ちらほら出てくるドイツ語にいちいち反応してしまう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。